2014年03月22日

三月・弥生・内視作業!


こんにちは!

少し暖かくなって来ましたね・・!春までもう少しでしょう!
masa@ 079.JPG



又、サンシュの花が綺麗に咲き・・
毎年のコトですが、なぜか嬉しい。
masa@ 124.JPG



三寒四温も彼岸まで・・と言う言葉がある様に・・
冬の終わりには、春一番の強風が吹き荒れますね・・。
masa@ 017.JPG



やっと・・梅の花も満開に。
masa@ 002.JPG



さて・・内視作業です。
縦型・横型・洞らの巣箱など・・
ともに沢山のミツバチ達で溢れていました。
masa@ 034.JPG



@
masa@ 053.JPG



A
masa@ 099.JPG



B
masa@ 070.JPG
無事に越冬を乗り越え・・
元気な姿を見せてくれた・・有難う!



そして・・先日、南信州は中川村にて。
「信州日本みつばちの会」の定例総会へ出席して参りました。
masa@ 057.JPG
研究員の前田さんの「アカリンダニ」に対する現状と調査報告・・
かなり勉強になりましたよ。

特に・・数年前から発生した日本ミツバチに&西洋ミツバチへの「アカリンダニの脅威」、
このアカリンダニ被害についての話は貴重でした。

なぜか・・主に東海地方・関東・甲信越から発生し、
深刻なダメージを与えています。

今後も自然飼育で・・なんとかしなければ!と想っています。


※以下・・ウィキペディアより抜粋。
「ミツバチの体内に寄生するホコリダニ科のダニである。
クモの仲間で8本の脚を持つ。アカリンダニはハチの気管内で生活し繁殖する。
メスは気管壁に5個から10個の卵を産み、
孵化した幼虫は2週間から3週間で成虫になる。
このダニは気管が開いている生後2週間以内の若いハチに寄生して、
口吻を気管壁に刺し、ハチの血リンパを食糧とする。
100匹以上が気管に寄生して、ハチを弱らせる。
アカリンダニは通常175μm以下ととても小さく、
顕微鏡を使わないと見ることができない。」
アカリンダニ.jpg


ちなみに・・
東日本大震災から三年が経ちました。
あの震災で何を感じ、一体何を学んだのでしょうか。

また、何を気付かされたのでしょうか。

今も尚、被災地では大変で厳しい生活をされている方々がたくさんいます。
平穏で、安全で、安心の出来る生活を取り戻せるよう願うばかりです。

愛する人、仲間、友人を失った方に、改めてお悔やみを申し上げます。
私もその一人です。

今後・・今を一生懸命に生きる大切さ・・
そして更なる「想像力」と「行動力」が必要になると強く想う。

そして未来は、夢と希望に満ち溢れている!

勇気ある行動・・
勇気あるところ、常に希望が存在する!

「ACT OF VALOR IN VALOR THERE IS HOPE!!」

NO NUKES !!

最後までご覧を頂き、有難うございました。
posted by m.t at 22:27| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

二月・如月・記録的大雪か・・?!


こんにちは!

今年の冬はとても寒いです・・まさに冬将軍。。
masa@ 544.JPG



梅の花は・・まだ五分咲き。
masa@ 026.JPG



先日の大雪で・・約25〜30cmは積もる。
masa@ 357.JPG



雪ダルマが作れますよ。。
masa@ 458.JPG



巣箱にもこんなにドッサリと。。
masa@ 383.JPG



@
masa@ 496.JPG



飛び出して、凍死してしまったミツバチが切ない・・。
masa@ 416.JPG



少し暖かい日もあるので・・活発で元気の良い証拠。
masa@ 110.JPG



そろそろ女王蜂の産卵時期かな。
masa@ 006.JPG



ちなみに先日、私用と仕事で・・大阪へ行って参りました。

数十年振りに、700系の新幹線に乗ってみる・・。
masa@ 127.JPG



大阪と言えばたこ焼き?!
いや、大阪の老舗珈琲専門店の丸福珈琲も美味しいのです。
masa@ 130.JPG
昔ながらの深い味わいと苦みがコーヒー通にはたまらない。。



さて、帰りに京都で少し観光を。

こちら・・伏見稲荷大社。
稲荷神を祀る神社は日本に約3万社あるそうですが、
その総本宮が伏見稲荷大社なのです。
masa@ 296.JPG
実家は稲荷様を祀っているので、以前から行きたかった場所の一つ。




朱色の鳥居・・千本鳥居!まさに圧巻!
masa@ 228.JPG




とにかく外国人にも人気のスポットらしいですが・・
欧米、東南アジア・・とにかくインターナショナルな雰囲気に包まれました。
masa@ 246.JPG




さて、先日の雪・雪・雪で本州では大変な状況になったと想います。

交通麻痺・大渋滞・停電など・・

又、農業ハウスの倒壊なども莫大な被害が報告されています。

自然災害には充分な備えと注意が必要とされます。




雪かきで身体がクタクタですね・・!
この時期は毎年・・スタッドレス&チェーンも必須です。

最後までご覧を頂き、有難うございました。

posted by m.t at 18:23| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

一月・睦月・冬本番!


こんにちは!

本年も、どうぞ宜しくお願いいたします。
masa@ 7378.JPG



さて、毎日厳しい寒さが続いてますね・・!
masa@ 138.JPG
そりゃ凍りますよ。。



先日はうっすらと初雪が降り・・綺麗な雪化粧が。
masa@ 379.JPG
まるで冷蔵庫の中にいるような寒さ・・(笑)
ただ、今しか味わえない大切な季節とも言えます・・。



昼間の暖かい時・・脱糞行動の為、活発に飛び出しますよ。
masa@ 397.JPG



※ちなみに、ここ数年前から・・「アカリンダニ」の被害報告をよく聞きます。

日本みつばちにも「アカリンダ二」に寄生され、被害が出る事例もあるのです。

越冬中の後半など・・とある地域で多少発生したと言う話も聞きました。

主な状況は・・
巣箱前で大量のミツバチ達が飛べなくなった、
苦しく這いつくばるように集団でおかしな行動をするなど。

主に、ミツバチの気管支に寄生し、詰まらせ窒息、死に至る模様です。

原因は・・農薬関係、免疫力の低下、
砂糖水での給餌のし過ぎ、天候の異常気象、
など様々な憶測があります。

その原因を探究してゆく必要もあります。
決め付けられない現実がそこにはあると想います。

又、冬囲いでも、あまり過保護に厚く防寒し過ぎるのも・・
大量のダニ発生の原因にもなるかと想います。



さて今年も・・
自然飼育でいきながら、悠々と自由に居て頂ければと想います。
ミツバチ達から、色々なコトを教わりそうです。
masa@ 335.JPG



※自然分蜂群の販売は・・4月下旬より、順次開始をいたします。

※ご注文やお問い合わせ等の詳細は・・
e-mail⇒nihonmitubati-8383@hotmail.co.jp
までお願いいたします。
※今年は群に限りがありますので予約された方からお渡しをいたします。
どうぞ宜しくお願いいたします!

posted by m.t at 19:40| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月28日

十二月・師走・年の瀬


こんにちは!

如何お過ごしでしょうか・・?
2013年も年末・・もうすぐ今年も終わりですね・・!
masa@ 5318.JPG



さて、寒波が到来・・!先日は一気に−5℃まで下がりました。
毎日が寒い日々・・もう〜苦手です。暖かい日が待ち遠しい・・。
masa@ 053.jpg



特に寒い日は・・巣門で様子見かな・・。
masa@ 759.JPG



晩秋の頃、産卵と育児の画・・
masa@ 167.JPG



無事に・・越冬を乗り越えてゆくでしょう〜!
masa@ 212.JPG



又、ちょっと暖かい日は・・花粉集めをする逞しい姿。
masa@ 519.JPG



※来年度の自然分蜂群の販売は・・4月より開始を致します。
ご予約の方は・・1月中旬より受付を致します。
masa@ 491.JPG



ちなみに・・
今年はたくさんの出逢いと・・そこにドラマが有りました。
そして、日本中の養蜂家の方々との出逢い・・
日本みつばちを飼育している方々との出逢い・・
楽しいお話から、貴重なお話まで、感謝の気持ちでいっぱいです。
今後とも、宜しくお願いいたします。

又、数多くのお問い合わせに誠に有難うございました。

※お問い合わせの方は・・
e-mail⇒nihonmitubati-8383@hotmail.co.jp
携帯TEL⇒090-8476-0854
までお願いいたします。


来年も・・どうぞ宜しくお願いいたします!
masa@ 018.JPG
日本みつばち工房  滝本将史


最後までご覧頂き、有難うございました。

posted by m.t at 21:38| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

十一月・霜月・越冬準備・奄美大島での調査。


こんにちは!

朝・晩は特に寒くなってきましたね・・!
そして陽が段々と短くなって来ました。
masa@ 6615.JPG



さて、そろそろ冬も近づき・・ミツバチ達は越冬の準備ですね・・!
masa@ 711.jpg



ちなみに・・横型の強群は数も増えてきましたよ。
masa@ 720.jpg
夏〜初秋に誕生したミツバチが・・丁度、越冬時期に活躍してくれます!



ご存知のことですが・・ミツバチは冬眠はしません。
皆で体を寄せ合い、筋肉を震わせ、お互いを暖め合い、
寒い冬を乗り越えてゆきます。
masa 007.JPG
まさに野生の証!



ここ茨城県の南部は、最低気温が−5℃位まで下がります。
それに耐えゆく蜜(食糧)と室内温度を管理・維持していきます。
masa 067.JPG



毎年いつも、麻袋などで適当に囲ってゆくだけです。これで充分です。
masa@ 7626.JPG



ちなみに・・先日、
鹿児島県の奄美大島へ、日本ミツバチの調査へ行って参りました。
5年振りにゆきましたが、相変わらず、大自然の綺麗な景観に見とれていました。
masa@ 7378.JPG



又、奄美大島は雨期の時期が多く・・
山々に囲まれた地形ですので、山おろしの風が強く、台風の被害も多いと聞きます。
masa@ 7490.JPG



今回、日本ミツバチを飼育している方、何人かの方とお会い出来ましたが・・
状況は厳しいようです。全滅や逃去もよくあるそうです。
まず、蜜源の確保・湿気対策にかなりご苦力されるそうです。
masa@ 7482.JPG



又、沖縄本土や奄美大島では、琉球蜜蜂と呼ばれることもあるそうですが・・
元々、沖縄や奄美大島では日本ミツバチはいないと聞きます。

その昔に持ち込まれた本土系の日本ミツバチか大陸系(台湾経由)のミツバチなのか・・
まだハッキリとは解らないそうですよ。
masa 016.JPG



自生するソテツ群落。
masa@ 7559.JPG



有名なマングローブ原生林。
奄美大島@.jpg


こちら急な寒さに・・
風邪など引かぬよう、気を引き締めてゆきたいと想います・・!

最後までご覧頂き、有難うございました。


posted by m.t at 21:38| 茨城 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。